So-net無料ブログ作成

16.0.0.0/8の行方 [よた日記]

IPv4アドレスの枯渇 が半年後に迫っているらしいです。

IPアドレス枯渇問題を可視化:IPv4枯渇時計 | 株式会社インテックシステム研究所
2010-09-30 の予想では「2010-05-29に枯渇する」そうです。
2010-10-06 の予想では「2011-06-01に枯渇する」らしいです。

蛇足ですが「xn--kjvq5ah3lmt6a.com」って不思議なホスト名です。
もしかすると「日本語ドメイン名」ってやつでしょうか?
非対応環境なので、まるで暗号です。
2010-02-06 「.日本」は全く不要 にちょっと書いていました。

ところで枯渇すると言っても、資源の枯渇とは違い、それが無くなってしまうわけではないです。
新しくIPアドレスの割り当てをする事が出来なくなる、という事だと思います。

タイトルはこれの真似です。
2010-10-05 14.0.0.0/8の行方 - cNotes: Current Status Notes
14.0.0.0/8は、APNICに割り当てられ、細分してAPNICの下に所属する国や地域に割り当てしているのですね。
さらに小分けにして so-net 等に割り当てて・・・我々エンドユーザーが使っていると・・・。
なんだか涙ぐましいというのか、せせこましいというのか・・・。
IPv4の空きが少ないのでそうなってしまうのですよね。

IANA IPv4 Address Space Registry
一方で、広大なアドレス空間を割り当てられている企業/組織があります。

- 3.0.0.0/8 General Electric Company
- 9.0.0.0/8 IBM
- 13.0.0.0/8 Xerox Corporation
- 15.0.0.0/8 Hewlett-Packard Company (hp)
- 16.0.0.0/8 Digital Equipment Corporation (DEC->Compaq->hp)
- 17.0.0.0/8 Apple Computer Inc.
- 18.0.0.0/8 MIT
- 19.0.0.0/8 Ford Motor Company

これらのそれぞれが、2の24乗(≒1677万)のIPアドレスを持っている事になります。
これはIPv4の全アドレス空間の1/256に相当します。
これらの8つ(実質7つ)の組織を合わせると 32/256 = 1/8 ですね。
IPv4(≒インターネット)の1/8を一握りの組織が占有しているって事ですね。
(プライベートアドレス、予約、マルチキャスト用などがあるので、もうちょっと小さいですが)

きっとインターネットが世界的に普及する前に割り当てられたのでしょう。
MITや一部の企業は、インターネットそのものへの貢献も大きいのでしょう。
しかし、いくら大きな組織でも、こんなに大きなアドレス空間は必要ないような^^
既得権だとしても、問題の先送りにしかならないとしても、
一部を残して返却すべきではないでしょうか。
こういう意見は野暮なのでしょうかねぇ。

タイトルの「16.0.0.0/8の行方」には「せめてDECの分だけでも返却しなよ>hp」という意味を込めたつもり。

参考: 報告書「IPv4アドレス枯渇に向けた提言」公開にあたって (読んでません^^)

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 1

Cialis from canada

沒有醫生的處方
cialis rckenschmerzen http://kawanboni.com/ Cialis generique
by Cialis from canada (2018-04-14 05:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by SSブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます